主にソロでの色々を綴ってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

赤ソロ ★氷の試練、★風の試練、★土の試練、★雷の試練、★水の試練(むずかしい)

むずむずむずむずむずむずむずむずむずむずむずむず。



久々のVS召喚獣。
むずはイフリートしか倒してなかったので、残りの5体を倒してきました。
少し前なら1体ずつ記事にしたけど、既にP先生やL先生によって討伐済みなのでまとめて簡単に。誰かの後に同じ敵を倒すのは久しぶりな気がします(笑)
タイムや上手さを比べてはいけません。ターニオンダガー+1さえあれば・・・!
kaihuk0.jpgriva1senme.jpg
ふつうをやったのはイフやった時なので3月半ばともう3か月も昔のことですが、この頃のまだ未熟な私でも8~11分くらいで倒せてもう雑魚も雑魚。
魔回避目安600もテルキネとバ系だけで684になるので簡単にクリアできて、テーオンとテルキネで2段階進化した赤様の敵ではなくなっていました。
mizusirere.jpgihumuzu6gatu.jpggaru1senmeme.jpg
sivavavmuzu2.jpgramuuuumuzu1.jpgtaimuzu1.jpg
★火の試練:17分28秒(3か月前22分39秒)
★氷の試練:15分45秒
★風の試練:15分54秒
★土の試練:18分28秒
★雷の試練:14分22秒
★水の試練:18分10秒

最初にやったリヴァだけ対応ミスって負けたものの、残りは初戦で勝利。
怖い連撃があるし二刀流テーオンとそれなりの被魔法or魔回避装備が必要にはなりますが、誤解を恐れず言えばむずかしいは難しくはありませんでした。

というのは色々やってきて私の体がむずかしいに慣れているからで、初めてのむずかしいなら強く感じるやもですが、何回かやれば自然と対応できるように。

しかし全部20分切れるとは予想外。ラムウなんか15分切っちゃったし。
数をこなせばもっと縮まるし、装備があればもっと縮まります。召喚獣BFは他のむずかしいと比べても削りやすく出来ているのは間違いありませんね。
kobako2ko.jpgkobakobakoba.jpg
装備は1個以上確定だし、こちらは確定ではありませんが小箱も結構出てくれるので装備狙いで遊んでいれば自然と小銭も稼げます。
難しすぎず簡単すぎないので腕試しにもなるし、6体制覇目指して是非(*ノωノ)



★氷の試練の動画はこちら
★風の試練の動画はこちら
★土の試練の動画はこちら
★雷の試練の動画はこちら
★水の試練の動画はこちら

★火の試練は古い弱い私を見て笑ってください。
いつもより文字の解像度を1段階下げて大きくしてみたけど如何でしょうか。

私がフカヒレを食べるのは戦闘時間が短いほうが楽だというのは当然ありますが、動画としても食事なし25分スシ20分フカヒレ15分でやること変わらないんだったらフカヒレ15分の動画が1番見やすいと思うからです。
まー15分の動画でも3分5分見ればあとやること同じだし必要ないですけどもw
個人的には挑戦よりも装備取りの連戦でこそフカヒレを食べてしまった方が色々と楽なんじゃないかなーと思います。1度食べれば病みつきです。



今回の装備。
shoukamuzu.jpgshoumuzumuzu.jpg
武器は被物理クラウソラス+ヴァニアナイフ。
被魔法が足りなかったので被魔法5のヴァニアナイフを導入。
サブはターニオンダガー+1が優秀で、モクシャ9もとても魅力なのですが持ってないので諦め。理想は被魔法クラウソラス+ターニオンで戦いたい。

テーオンと二刀流耳で二刀流はキャップ。
モクシャはサポ忍15、耳2、ラジャス5、トレーロトルク9!で31。
通常時はカットは守りの指輪と被物理クラウソラスのみ。DAで蝉抜けてくることもあるので守りは使いましたが、切り捨てて火力特化でもよかったやもです。

命中は1050あれば十分くらい。
ディストラ使えば肉食でも足りるかもですが面倒なので却下。
スシだと過剰になるので、ピザや赤餅あたりが安価な食事だと候補に。
babamakaimuzu.jpgsurougaaa.jpg
属性履行、アスフロ、範囲状態異常は着替えて受けます。
被魔法50%、魔回避774、魔法無効12%、魔法吸収7%で全部のせ。
魔回避捨てて被魔法のみでも倒せることは先人が実証済みですが、魔回避があれば戦闘は凄く楽になるので被魔法テルキネの有無は大きな違いに。
被魔法キャップさせてシャドウリングとヴォーダチャーム+1を装備しつつ魔回避を上げるのはかなり厳しくて、被魔法足りなくて今回はヴァニアナイフを使用。
魔回避特化ではないので完璧ではありませんが、少なくとも700後半とアドルがあればかなり期待できるくらいにはレジってくれました。
(イフリートとリヴァイアサンはアドルが入らないので多少直撃が増えるやも。)
右はスロウガ用に作った着替えで、パライガやサイレガもそうですがこれらはダメージ貰わないから全身魔回避に出来ます。スロウガは計844になり、ここまでいけばレジレジでした。むずまでは魔回避はあればあるだけ役に立ちます。
akagihushoukan.jpg
ギフトは320まで。
アドルIIがあればさらにレジストに期待できそうですね。



全体的なこと。
基本はつう以下と変わりません
普段は火力装備、回避できるものは走って回避、蝉貫通の属性履行やアスフロやジャ系や範囲状態異常魔法は着替えて受け。

1番死にやすいのはジャ系からの属性履行。
ジャ系のあとに蝉をしてHP減ったまま属性履行をフルで貰って終了。
物理履行なら走ればいいので(タイタンのメガリススローだけは別)ジャ系直撃のあとはケアルで回復が正解な場合が多いです。レジれば蝉でいいですけど。

WSはタイタンとリヴァ以外は基本的に履行後か魔法中に。
多段履行は走って回避したいのでWS硬直で避けられないのは嫌です。即撃ちが正義ではありません。死なないことが第一です。
HPは常に高めに。スキンも新品でなくていいから常にかかっているように。
サボトゥールはスロウ入る敵はスロウ、入らない場合はアドルが1番ではありますが、火力志向の私はポイズンに使っていました。この余裕がきっと失敗に。
スタイミーで1回は入らない敵にもスロウやアドルが入るので終盤にでも。

フェイスを呼ぶなら置き物4体が無難。
他は範囲1回か2回で蒸発するのでほとんど役立たず。
クルタダだけは最初にカオスロール貰うのに入れてもいいかな、くらいですね。

死にやすい順は土>雷>氷>風>水>火。
それでもタイタンも10回やれば9回は勝てると思います。たぶん。
安定すれば装備取りはむずが1番。フカヒレ食べて5連戦すればきっと・・・!



★火の試練(Ifrit Prime)のお話。
Hyu150603185354a.jpg
弱い順にみていきましょう。イフは単体記事が既にあります。
弱体はスロウ、ディア、ポイズン。
敵のアドルは単体ですが、万が一に備えパナケイアを用意。
特殊技は全て距離で回避できます。ただバーニングストライクだけは蝉1枚なのでログで判断できるならそのまま殴りでも。面倒なら赤線で全て走りましょう。
範囲はインフェルノとファイジャのみで、ファイジャからの属性履行で即死というパターン(イフ以外は距離で回避できない)が存在しないので戦闘は簡単。
近接も魔法も解除できないので多少削りに時間がかかりますが、被弾する攻撃が少ないので蝉回しと走ることの2点をサボらなければここは突破できるはず。


★水の試練(Leviathan Prime)のお話。
Hyu150602225528a.jpg
弱体はスロウ、ディア。
ポイゾガはスリップ低いので無視。
特殊技はスピニングダイブが蝉1枚なので、リヴァは基本走りません。
蝉貫通属性履行のグランドフォールは着替えて受けます。殴り装備のまま受けるとよくて瀕死、悪ければ即死。必ずログ見て着替える癖をつけましょう。
湧水は6000や7000回復されて回数次第で時間がかかってしまいますが、狙って止められるほど赤は弱点つけないので少ないことを願いつつ殴り倒します。
イフとの違いは普段走らないけど着替えて受ける必要が生まれたことで、被弾回数が増えると事故の可能性も高まるということで難度は下から2番目。
気を付けるのはウォタジャからのグランドフォール。蝉よりケアルを大切に(ケアルしてこの時スピニングダイブがきたら走って回避してから蝉して元通り)。


★風の試練(Garuda Prime)のお話。
Hyu150603222015a.jpg
弱体はディア、ポイズン、アドル、パライズ。
スロウが入らない代わりに唯一?パライズが入ります。
物理カットを解除できませんが魔法は解除できるのでエンが気持ちいい。
プレデタークローは走って回避、ウィングブレードは着替えて受け。リヴァ同様に風の囁きで回復されるのがいやらしいですが、我慢して黙々と殴りましょう。
サイレガは魔回避装備があればほぼほぼレジることができますが、被弾してもやまびこ→蝉で問題ないので静寂は可愛いものです。
気を付けるのはリヴァ同様にエアロジャ→ウィングブレードで、以降どの敵もジャ系からの属性履行の対応を間違わないことが第一です。もう書きません。


★氷の試練(Shiva Prime)のお話。
Hyu150603235135a.jpg
弱体はスロウ、アドル、ディア、ポイズン。
アイスパは回復されます。ブレスパ唱えて発動させたら自分を嘆きましょう。
物理カットは解除できるしスロウも入るし怖い敵ではありませんが、パライガを貰ってしまって回復にてこずる場合があるのでこの位置にもってきました。
基本が出来ていればよほど麻痺運が悪くなければ負けはきっとありません。
ラッシュは走って回避、ヘヴンリーストライクとダイヤモンドダストとブリザジャは着替えて受け。属性ダメ用だけでなくパライガ用の着替えがあれば完璧。


★雷の試練(Ramuh Prime)のお話。
Hyu150604184507a.jpg
弱体はスロウ、アドル、ディア。
カオスストライクは走って回避ですが、直撃すると追加スタンがあってこれが微妙に長いので、WS硬直で走れない!なんてことのないように。即撃ち厳禁。
サンダーストーム、ジャッジボルト、サンダジャは着替えて受け。スタンは蝉1枚、雷電の鎧はディスペル。ここまでの攻撃はどれもかわいいものです。
怖いのはサンダースパークで、蝉消去で小ダメ&麻痺。カット装備に着替えて万能薬になりますが、ここも麻痺の運が悪い場合は床が近くなります。
パライガよりいやらしいこと、カオスストライクも死の可能性があるので2位に。


★土の試練(Titan Prime)のお話。
Hyu150604225400a.jpg
弱体はアドル、ディア、ポイズン。
近接カットも魔法カットも解除できないので1番時間がかかります。
マウンテンバスターとメガリススローは蝉1枚なのでそのまま殴ります。
ジオクラッシュは蝉貫通で追加スタンがあり、蝉枚数次第では怖いことに。
魔法中に殴ってると大抵は詠唱後に特殊技がきますけど、安全を求めるなら着弾後に蝉1枚になった場合でも蝉を張りなおしたほうがいいかもしれません。
問題はジャ系のあとの特殊技で、他と同じようにケアルをしようにもメガリススローだった場合走っても回避できなくて、蝉が間に合わなければアウト。
ジオクラッシュだった場合も直撃して蝉なしでスタン状態だったらほぼアウト。
ならと先に蝉をした場合、ケアルが間に合わなければジオクラッシュでアウト。
魔回避装備が揃っていてレジストできればこの限りではありませんが、直撃の場合は履行の前に蝉とケアルの両方を済ませないと危険があります。
スロウガは魔回避844だとほぼほぼレジストできましたが、ここまで揃えるのは少し大変ですし、毎回パナケで治すとこれまた面倒が増し危険が高まります。
こちらのスロウは入らないので普段の蝉回しも少し忙しいし、ちょっとでも対応間違ったら一瞬でやられてしまう可能性があるのでここが最難関ということで。



1体目を倒してから3か月。
サボってしまい間があいてしまいましたが、ようやく私もむずコンプ。
そしてむずかしいをやっている間に、L先生がシヴァとてむずを終わらせてしまいました。モグハウス弄ってニヤニヤしてる場合じゃありませんでしたね(笑)

とてむずは魔回避を期待できないだろうから私は根本から戦い方を変えないといけなくなりそうですが、こちらもそのうち倒して追いつければと思います。

ギフトカンストしないと挑めないとか制限をつけて無理矢理ジョブポ稼ぎに向かわせてやろうと思いつつ、550は遠いのできっと途中で挫折しますw

関連記事

テーマ:FINALFANTASY XI|ジャンル:オンラインゲーム
2015/06/08 | 赤魔道士 ソロ | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター
プロフィール
Author:がじがじ
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
月別アーカイブ
なにか。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。