主にソロでの色々を綴ってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

私と、ソロと、赤。

愛の告白(違)



読んで欲しいような読んで欲しくないような駄文。
面倒くさくてすみません。全ては妖怪と愛のせいです。

どうにも心のもやもやが晴れなかったので文字にしてすっきりしましょう。
毒気たっぷりの全否定は心の日記帳に記しておくとして(笑)、長文を書くきっかけを与えてくれたと思ってもっと広く書きたいことを書いていきます。

着地点がどこになるかは分かりません。
ひとつ言えるのは、きっと長くなるということだけです\(^o^)/



かつて神赤が青龍を倒せば後続も空へと足を運び、朱雀を倒せば以下略、聖牛なんかはそれこそ腐るほどソロ記事があってそれが普通でした。

75時代の私は今のような遊び方はしていませんでしたが、先人のソロを真似て色々なNMに挑戦して遊んだもので、この遊び方は自然だと思っています。

アビセア以降は先人の後ろ姿を追うだけのソロではなくなりましたが、今も誰かがやったソロを自分もやりたいと思ったら挑戦を続けています。
(今は真似というより自分ならどう戦うか、を意識して戦うようになりましたが。)

また、赤である敵について記事にする時、既に赤で倒されているか、或いは別ジョブで倒されているかというのは気にしますし、触れるようにしています。

召喚獣とてむずであれば私以外の赤が先に倒していて、AATTむずであれば学者が先に倒していて、私の赤もそこに辿り着けた、的な感じで。

これは先人への敬意でもありマナーでもあり、必要な情報でもあだろうと。

で。
・自分も挑戦したくなるようなソロをする人
・先人の記録を持ち出すときに対象となる人
特に昨今、これに該当する人がL先生である場合がほとんどなんです。
だからこそあのように受け取る人が生まれてしまったのかもしれません。
文章を書くこと、正しく伝えることは難しいですね。ソロよりずっと難しい(笑)

結論としては召喚獣とてむずソロを日記に書く人が100人200人いれば私が悪目立ちwすることもないと思うので、ソロが活発になればいいのにという願望でこの問題については終わりにしたいと思いますが、
・誰かがやったから自分もやってみよう
・誰かが○○で倒したから自分は××でやってみよう
という遊び方は誰にも非難されるべきではない、と主張しておきます。



予定の1/10くらいでまとめました。頑張った!
これが時候の挨拶になるくらい、以下を充実させていきましょう(笑)



ライバル。
私のライバルはボヤーダの某蟹です。
誰かより強くなりたい、或いは誰よりも強くなりたい、というのはありませんが、先週の自分より上手くなっていたい、というのは常にあります。

赤のライバルは学者であり獣であり、ナイトであり青であり。
忍者と魔導剣士はライバルというには弱すぎるので除外します(笑)

私は赤ソロに憧れてソロを始めたので、赤が1番であってほしいという思いはやっぱりあります。なので赤のライバルは赤ではなく他ジョブということで。



目標。
というか憧れは今でも神赤。
厳密には神赤のようで神赤でない何か。
完璧で絶対的な存在として美化された、理想の赤。もはや別人かw
概念だとぼんやりしてしまうので過去の偉人を当てはめた感じでしょうか。
(ちなみに75時代、いや95時代までですか、好きだったのは屑樽さんです。)

何かを倒したときに満足してしまわないように、もっと上を目指すように、自分もそこに一歩でも近づけるように、でも絶対に追いつくことはできない存在として。

辿り着けない場所を目指して歩み続ける。
どこまでいっても100%の達成感を得られない、ドMロードです(笑)



L先生とP先生。
赤ソロをする人は他にもいるでしょうが、実際にブログを書いたり動画を出したりしている赤は私を含めて3人しかいないという認識で書きます。

数少ない同業者として、同じ赤ソロを楽しむ者として、1人のファンとして。
ファンとしてはブログ更新されたかなーされたかなーされたかなーと口をあけて餌を待ち続けていて、でも私ほど更新が多くはないので焦らされていますw

この2人に限らず私はソロ記事を読むのが好きなので、赤でも赤じゃなくてもソロ日記増えないかなーというのは脱線してしまうのでここでは略。

同業者としては何やってるのかなーというのは意識はします。
それやっちゃうかーwとか、それいけるのかーwとか、まじかwwwとか。
今これに挑んでます!というのはがんばれーと見守り応援するスタイル。
獲物を横取りするのも無粋なので、倒されてから倒すようにはしています。

数少ない同じ時代に赤ソロで遊ぶ者同士みんなで赤ソロの限界を広げていけらたと思いますが、とりあえず置いていかれないようにしたいですw

P先生はIronbeak Inguza。マリアミIVのアプカル。
こんなん魔命足りなくて無理wと自分が諦めて切り捨てた敵だったので、自分の判断基準が如何にいい加減で可能性を閉ざしているかを教えて頂きました。

L先生は一般的にはRaniやパンデモですが、私の中では第15ウォーク。
2013年8月に「ソロだ!祭りだ!エコーズだ!」というブログイベントを開催して、各ジョブエコーズいくつまで制覇できるかというのを競ったんです。
私は1~14までしか考えてなくて、15は挑む前から無理と決めつけていました。

そんな中で15を唯一突破してきたのがL先生で、これが私にとっては衝撃で。

私は基本的に保守的で、こんなもんだろうと勝手に限界を定めてしまう。
悪い癖だと分かっているので、これを取っ払って自分も裏切れるような遊び方をしていきたいと思ってはいるのですが、それでも「これは無理だろう」で切り捨ててしまうことがあって、そしてそれを成し遂げる人たちがいて。

実際の難度どうこうではなく、発想と行動力ですね。
この部分に刺激を与えてくれる人は大好きですという愛の告白でした(笑)



2人もいる、という幸せ。
刺激は向上心に繋がり、私の赤ソロは2人のおかげでより成長できました。

そう、赤は幸せなんです。赤は。
私は青ソロや忍ソロ、剣ソロもやっていますが、これらを継続的に、ジョブの限界を求めて戦い続けている人を知らなくて、刺激が足りないのですよ!

無理矢理にジョブごとにライバル関係を作ったり自分の中でマンネリ化しないようにしてはいますが、ここはどうにも物足りない部分があったりしますw



赤と学。
赤と青。
赤とナ。
赤と獣。
忍者と踊り子。
忍者と魔導剣士。
私の中のライバル関係(笑)
忍も剣もナイトとは競いません。泣きたくないもの。
赤はソロ強いと言われるジョブ全般を意識している感じですw

赤は学のような精霊火力はないし、青のような高性能スタンや範囲魔法もないし、ナイトのような鉄壁さはないし、獣のような戦い方はできません。
できなくても、赤にできることで対抗して、彼らの土俵でも負けたくない。
学の方が楽、獣の方が楽であっても、赤でもできる、までは辿り着きたい。

私の中の赤様は何様なんでしょうか。困ったものです。
こういう意味ではL先生の赤は同業者であり仲間(馴れ馴れしい)という意識ですが、L先生の学者は赤にとってはライバルと言えるのかもしれません(笑)



1.ソロでどこまで出来るのか
2.赤ソロでどこまで出来るのか
3.私の赤ソロでどこまで出来るのか

出来ることは1>2>3になりますね。
これをを1=2=3にしたい。これが赤様の野望です。
現実的に考えれば不可能なんですが、少しでも理想に近づけるように。

最近は獣が大暴れしてますし、フェイスがいるとナイトも化け物じみてますが、最後までソロといえば赤だったと思われる、そんな赤でいられるように。



私は赤。そして忍者。
3月以降、私は赤ソロの人なんだなと改めて感じました。
そして忍ソロの人であり、それ以外のジョブは究極的にはおまけ。
やっぱり75時代から続けてきたジョブのほうが思いが強く、愛着もあり。
と言いつつ忍者に3か月近く着替えてません。刀も手裏剣も錆びちゃう;;



フェイスの有無。
実践的なのはフェイス有でどこまでやれるか、だと思います。
でもソロでの挑戦はそのジョブ単体で戦ってこそだと思ってます。
なのでフェイス有でどこまでやれるかにはあまり興味がありません。

フェイスを出せばこれくらい楽になりますねというのは比較でやったりしますが、赤の限界を考える時、それはやっぱり赤単体での限界を求めたいなと。

修験者的な思考だとフェイスなしですが、普通に遊ぶならフェイス有。
昨今はフェイスも便利になり、呼べる場所も増え、呼べる数も増え、この流れは11月まで続くでしょうし、1人で遊べる範囲はさらに広がると思います。

組み合わせを考えたり、配置を工夫したり、フェイスがいることで装備や立ち回りも変わってくるし、オフゲ的な遊び方が好きな人は1人でフェイスと遊ぶ今のFF11は悪いものではないかもしれません。

昔ながらの挑戦としてのソロなのか、1人で遊ぶという意味でのソロなのか。
PTで手に入れたものを使った時点でソロじゃないから、ソロ(2垢)までソロの解釈は昔から人それぞれですが、私のソロは挑戦としてのソロ。

過程としてのソロではなく、目的としてのソロ。
強い敵を赤や忍で打ち倒す、新コンテンツを踏破するソロ。

あと半年でどこまで出来るかは分かりませんが、挑戦の際はなるべくフェイスに頼らずジョブの限界を追い求めていけたらと思います。



はーすっきり・・・だったはずが。
倉庫で買って満足して本体でボナンザ買い忘れたことに気付いてショックを隠せないでいます。倉庫で買ってログアウトして本体になって買いに行く予定・・・というか今この瞬間まで買った気でいたので手元になくてびっくり。

はー・・・あー・・・まじかー・・・何やってんだもう・・・w



丸山、藤井、佐藤、谷川、高橋、森内、広瀬、山崎、木村、豊島、村山、永瀬、中村、千田、斎藤、青嶋。

叡王戦の予選突破16名の私の予想(願望)
あちらのブログで予想会を実施中。全て当てたらがじこちゃんが脱ぎます(嘘)

関連記事

テーマ:FINALFANTASY XI|ジャンル:オンラインゲーム
2015/06/18 | その他 | COMMENT(17) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
コメント:
No:4294|サポで食われるノケモノ
この組み合わせが最強だった時代が懐かしいですなw
2015/06/18 23:04|by 赤/獣|赤/獣 URL|編集
No:4296|
自分は覇者実装当時に復帰したクチですが
PT組むほどでは無いけどソロじゃ厳しいということで調べて出てきたのがココでした
先駆者というわけではないのでコピp・・・ではなく
オマージュ的な戦略でやってます

こういうブログを見て自分は無理だ!こいつ廃人すぎるww乙wwwじゃなくて
こういうやり方があるのか。同じ難易度は無理だけど1つ下くらいならいけるかもって
やっていると精神的にも技術的にも向上しますね
これはリアルでも同じこと言えますが
2015/06/18 23:23|by ラグ鯖の尻侍|ラグ鯖の尻侍 URL|編集
No:4297|
随分前に離れた身だけど、ソロ記事をみて思うことは、ソロでやれてるのに2人若しくは3人の自分たちにやれない筈がない‼
そんな安直な考えで色々と挑戦してきましたねぇ、、、(遠い目)

少ない人数でアレやコレを試すのに、ソロ記事は凄い励みになってました。

後半年?かは分からないけどこれけらも頑張ってぐださい
2015/06/18 23:52|by -| URL|編集
No:4299|
白はライバルですらないみたいなので、まずは動画のとり方から勉強して白ソロもやればできるところを証明したいと思います;;
2015/06/19 00:10|by selgainus|selgainus URL編集
No:4301|
いつも参考にさせていただいております。
気になさらず、ソロ道を突き進んで下さい。
ほぼ、毎日チエックしています。某先生のもw
2015/06/19 12:18|by 鞄さば、心のメインはナイト|鞄さば、心のメインはナイト URL|編集
No:4302|
いつも楽しく読んでいます。
私はブログ主様のプレイも好きですし、文章も大好きです。
今回も、じっくり読んで、すんなりしっかり内容を理解できたと思っています。ちゃんと伝わっています。
これからも楽しみにしています!
2015/06/19 12:46|by N|N URL|編集
No:4303|
すこしゲームから離れたほうがいいですよ。
思考が怪しい人間にみえました
2015/06/19 15:28|by ななしさん|ななしさん URL|編集
No:4304|
思考が怪しいというブーメランwsですね。
投擲wsは実装されていた!
2015/06/19 20:46|by -| URL|編集
No:4305|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/19 22:55|by -| |編集
No:4306|
75時代はブログめぐりが楽しかったですねー!神赤さんに憧れてソロ始めました(笑)
ほぼ競売装備で「唇亡びて」や「風と共に」すら勝てなかった私も、今はがじさんの倒した相手の1個下の難易度を倒してソロ強い気分を味わっています(笑)

最近時間が取れてませんが、またこちらを参考にソロを楽しみたいと思っています。
これからも楽しい記事を期待しています!
2015/06/20 01:48|by タルタル殴り赤|タルタル殴り赤 URL|編集
No:4307|隣り合わせのソロと青春
お久しぶりです、TTGです。
心に刺さった棘は抜いておかないとね。

自分も真似てソロでBFとか行ったりしますが、GajigajiさんやL先生の様には出来ません。
「とてもやさしい」でも、自分が倒されるのが「とてもやさしい」てなことも。
そこは何でしょう、作り込み、丁寧さ、あと一歩の見極め、情熱と愛が足りないのでしょうかね。
ソロという言葉は同じでも、中身が違うので同じ事、結果にはならないのですよね。

引退したLSメンに黒の為に生きたヒュムがおりました。
自分と比較して2-3割火力が違いましたね。黒樽すら驚愕させたとか。
lv75時代、空エレやウルガラン頂上の牛で、3-4チェーン付けながらソロメリポしてるような方でしたよ。
今でも「あの人なら、どんな装備でどうやるのだろう」かと考えてしまいます。

ま、刺激を与えてくれる人が居るのは良い事だと思います。
自分にとってはGajigajiさんの記事ですかね。
ただ、自分の情熱がレアポップなのが・・・ねw。

タイトルの元ネタに気づいた人は、あのRPGのファンで同じ年代だろうかな。
2015/06/20 03:29|by TTG|TTG URL|編集
No:4308|
赤ソロお三方ともにファンですが、FF11ブログ巡りをするようになってから最初に知ったのはがじさんでした。

いつごろだったか忘れましたが、詩人ソロで何かのNMを倒してる内容の記事を読んで、詩人がソロでNMを倒すとか普通は考えないし、出来るとも思わなかったので、スゲーやつ見つけた!みたいにすごく衝撃的だった記憶がありますね~。

がじさんが思うように、ライバルの存在は大きいですし、お二人も似たような事思ってそうな気も。お三方ともにいい影響を与え合っているから次々に強敵が倒されていってるんじゃないでしょうか。

今月実装予定の召喚獣も3人の手によってすぐに倒されてしまう未来が視えそうで視えないとかなんとか・・松井さんが言ってましたよ(大嘘

2015/06/20 11:09|by エル暗|エル暗 URL|編集
No:4309|
がじがじさんの、背中を追っかけてる人もいるのですよー!
自分の中で無理だと思っていたモノに、突っかかる仕様になりましたw
2015/06/20 11:45|by -| URL|編集
No:4310|
タイトルの元ネタのRPGってなんだろうw
部屋とYシャツと私じゃないですよね…

2015/06/20 13:20|by 通りすがりの赤|通りすがりの赤 URL|編集
No:4312|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/20 23:35|by -| |編集
No:4313|Re:
>赤/獣 さん
サポ用に獣を75まであげていた人も多かったですねー。
UchinoLSでは一時期、応龍来来で赤/獣が大活躍だったことが思い出されます。


>ラグ鯖の尻侍 さん
廃人乙は褒め言葉ですしそういう切り捨て方ならいいんですけどもw
リアルほど失敗した時に痛い目を見ることはないので(笑)、出来ないかもしれないけどやってみよう、出来るかもしれないからやってみようと自分の可能性を閉ざさない遊び方が出来れば、自然と遊びの幅が広がってソロ中毒者を生み出すことができるかもしれませんね。


>名無しの方
赤様は盾+削り+回復+弱体+支援の5人分の性能があるから・・・w
ブログ中毒な私が本当にあと半年で書ききったと筆を置けるかは疑問が残りますが、よろしければその日がくるまでもうしばらくお付き合いください。


>selgainus さん
ケアル56、ケアルガ345、リジェネ34もちの白さんをライバルだなんて・・・!
ソロにおいてはヘイストIIと二刀流テーオンがないということで火力不足が懸念されますが、バ系は赤より優秀だし持久力もあるのでスペックは高いと感じます。
ただ上位の上位になるほど火力が全てな部分があるので、シェタルストーンのような装備が増えることが望まれますね(/ω\)テルキネ脚ぱない;;


>鞄さば、心のメインはナイト さん
ありがとうございます。
気にならなくなるくらい没頭できるおもちゃ(強敵)を見つけて大暴れして来ようと思いますが、アップがあるので記事になるのは相当先になりそうだ・・・w


>N さん
ありがとうございます。
積極的に敵を作りたいわけではありませんが、これからも誤魔化さずに自分の言葉で自分の思いを残していけたらと思います。闇堕ちしたら救ってやってくださいw


>ななしさん さん
少し離れただけで矯正されるとはとても思えません。
完全に生活から排除しても既に手遅れな感は否めません。ええ。


>名無しの方2
ミルキル的な発動者に効果があるWSですね分かります。
剣や弓は回避されても悲しいだけですが、ブーメランは回避されると自分に直撃する可能性があるので非常に危険な武器ですね・・・
2015/06/21 08:08|by がじがじ|がじがじ URL|編集
No:4314|Re: タイトルなし
>非公開の方1
非公開ずるい!私は公開でしか返信できないのに!w
人間ですから好き嫌いはあって当然ですが、私の好きな人・場所であのような書かれ方をされてしまったのでどうにも受け流し切れませんでした。
ただ、先生がどう思われてるかはともかく私が面倒くさいのは間違いないですね(笑)


>タルタル殴り赤 さん
あの時代はあれもできるのか!という新鮮な驚きがありましたし、後続もこぞって挑戦してソロ全体に活気があっていい時代でした。
今は5段階の難度が設定されたことで青龍ソロ!朱雀ソロ!のような単発のインパクトは失われた感がありますが、ソロで遊べることは比較にならないくらい増えていますので、お互い楽しく攻略していきましょう(*ノωノ)


>TTG さん
血が噴き出しても刺さったままよりはいいに決まってますよね。よし。
つまりまだ情熱を呼び起こすほどの刺激を与えられてないということか・・・胸キュンポイントは人それぞれだからストライクを投げるのは難しい(笑)

タイトルについては分からなかったのでググってしまいましたが、ゲーム史の教科書でしか読んだことのないような作品でした(ゲーム史の教科書なぞ読んだことありませんが)。


>エル暗 さん
詩人ソロ・・・懐かしい響きですね(遠い目)
赤のようにソロの限界に挑んでいくソロとは違いましたが、アビセア時代はそれなりのこともやれていたしアレはアレで楽しかったものです。
ところで私は伊藤さんがソロには倒させないように作ったと聞きました(大嘘)


>名無しの方3
抗い続けて生きていきたいですよね(笑)
追いかけられると逃げたくなるのが人の性ということで、そう簡単に追いつかれてなるものかと7月の赤様も攻めていきますよ!


>通りすがりの赤 さん
私のタイトルには意味はありませんよ!
TTGさんのコメントタイトルの「隣り合わせのソロと青春」のことを言っているのだと思われます(ちなみに私は全く分かりませんでしたw)


>非公開の方2
おめでとうございます。忍で550は凄い!
きつくなくなるくらいふつうを連戦して慣れてしまうというのを個人的にはお勧めしたいですが、是非目当ての装備を入手できるまで頑張ってください(/ω\)
2015/06/21 08:45|by がじがじ|がじがじ URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター
プロフィール
Author:がじがじ
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
月別アーカイブ
なにか。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。