主にソロでの色々を綴ってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

忍者or踊り子ソロ カトゥラエ4体のすゝめ

99になっても勝てる気がしない覇者エリアの2体はさて置き、禁断死闘エリアの4体も赤だけでなく忍者・踊り子でも全てソロで倒せることが実証できました。
最後に、忍者・踊り子の優位性やカトゥラエ4体の特徴のまとめをば。
文章のみ、しかも長いので興味のない方はおやすみなさいませ。



その前に、カトゥラエをソロで倒したジョブについて。

Kutharei:赤・忍・踊・獣・暗・か・召・ナ
Iratham:赤・忍・踊・獣
Sippoy:赤・忍・踊・獣
Yaanei:赤・忍・踊

wikiとぐーぐる先生で少し調べて見つかったもののみ。

それぞれどれくらい薬使ってるかは不明。
いやテンポラリは正当なアイテムだからどんどん使っていいんだけども。
毎回準備してから挑むのも面倒だし参考にならないかなと今回の忍・踊では使わなかっただけで、変な拘りない人はどんどん使っていいと思う。

でもエンピ持ちは半分近くを無敵中に削りきっちゃうとかでそういうのは勝てると言っていいものなのかなーとも思ってしまう。
そこにあるのはどんな敵でも関係なくただ効果時間中の削りの量だけが全てで、その敵の挙動とかほぼ無視できちゃうわけじゃないですか。
それは何だかつまらない。
エンピコンプレックス乙と言われておしまいですね^^^^

しかし流石は赤様。そして追いついた忍踊。
ダメカット神の獣はブレクガとテラーには耐えられないのか・・・?
オハンイージスの人は挑めば4体全ていけそう。
他のジョブでも90のうちに討伐報告がききたいものです。
回避青とか回避白とか・・・無理なんだろか・・・




忍者・踊り子について。

~共通~
食事はたるたる(笑)だとHP上がるカルボナーラが無難。
真価6でHP2000ちょっととかもうね・・・今更だけどね・・・
アートマはどちらも明星は固定。これがないときっつい。
灰塵も火力的な意味で外しにくい。回避も考えると凶角や深淵のほうがいいんだろうけど、灰塵ないと敵によっては30分超えてくるだろうし、ちょっと面倒。

~忍者~
サポは白で確定。
魔法防御にシェル、そしてケアルその他何でもできる。
アートマは灰塵・明星ときて邪鬼で確定。
忍のメリットはアムネジア中が怖くない、魔法ダメが(踊り子より)低くなる、蝉の枚数が多い、スロウパライズが入る、アクアベールイレースヘイストがあるくらい。
対してデメリットは、凶角・暗闇なしだと回避しにくい、被物理ダメが痛い、回復はケアルなので詠唱中断の可能性がある、即時大回復ができない、など。

~踊り子~
サポはなんやかんや忍がよさげ。
アートマは灰塵・明星と残りは凶角がバランスがいい感じですが、忍者と違ってこの1枠は自由がきくのでお好みで。
踊のメリットは扇がある、忍者より(たぶん)避ける、瞬間回復ができること。あとはトランスによる疑似無敵時間があることもか。微塵(笑)
デメリットはアムネジア中に何もできない、被魔法ダメが大きい、連続で回復ができない、扇が消されると脆い、などなど。


忍者はサポ白により乗算のように強くなるのに対し、踊り子のサポ忍は蝉以外に利点がないので、基本的には本体の性能で戦わざるを得ない。ディスペガや強化消しWSも使ってくるので扇がなくなると物理にも魔法にも弱くなり踊り子の強みがなくなる、またガの被ダメが大きく即死コンボに発展する可能性が高まる。

忍者寄りの文章になってますが、実際忍者のほうが楽でした。
どっちも特別なテンポラリなしで倒せてるんだから踊り子でも楽(イラタム以外)としていいんだろうけど。イラタムさんは許さない;;;;




カトゥラエについて。
4体それぞれが1つ固有WSを持っています。
単体で怖いのはHP1のバナレットチャージ、そのあとのコンボで死にかねないのがバイオテラー呪いのベシージャべイン。ヒューマンキラーより強化全消去がうざい。イラタムさんのは魔法バリア中は1500近くなるのでガとあわさるとご臨終。

4体が使ってくるのがマラインインボケション。
追加がアムネジアなので、踊り子にとっては厄介。忍者にはボーナス。
4体全部持ってるので踊り子にとっては試練・・・いやらしい・・・
もう1つはHP回復のステュクススフィア。HP回復のアレ。
基本的にはボーナスWS。イラタム以外は。魔法バリアェ・・・
そしてインタフィアランス。蝉消失+ディスペル。
全消去ではありません。ただ踊の場合は他に強化がないので扇が><

他の技はうまいこと2体が使ってくるように分けられてます。今知った。
悪疫WSは視線外してもそのあとしばらく後ろ向いてないとダメとか。
呪いは聖水で。サポ白だとMP結構もってかれます。
麻痺は万能膏。静寂はやまびこ。防御ダウンはイレース。
それぞれダメージはたいしたことないですが、次のガに備えてすぐ回復を。
ただ実際、やる前に一覧に目を通すけど多すぎて覚えられない^^;;;;ので、基本は喰らって麻痺ったー消された―と確認してから後手で対応します。

弱体について。
麻痺とスロウは普通に入ります。闇は入りにくい?験者使えば入る。
一方で幽林は1度も入りませんでした。仕様なのかたまたまなのかは不明。

魔法について。
シポイさんだけファストキャストが鬼。他はちょい速い程度?
スリプガを使ってくる敵には服毒を。ブレクガは回避装備で気合。
後半はどれもガ系を使ってくるので、リカバリーを素早く。
麻痺で潰れると幸せになれるので忍者は後半は麻痺は常時で。




今回においては、簡単に言い直すと、
入口のクルオで貰えるテンポ以外使用禁止
という条件の元、ソロで討伐をしました。

ヤーネイに抗石化・テラー薬(これは推奨)を持っていけばより楽になるだろうし、愚者侠者や技能、そして連撃があれば難易度は全くの別物になると思います。

たぶん皆様が思ってるよりずっと弱いので、興味のある方は是非。

もう結構な確率で放置されてると思います。

戦闘の権利はソロにもフルアラにも平等にあるとは思いますが、周囲からソロうぜーとならないような対応を(ノ▽')敵を作ってもいいことないですしね。

それでは快適なソロライフををををををを~

関連記事

テーマ:FINALFANTASY XI|ジャンル:オンラインゲーム
2011/08/24 | その他 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター
プロフィール
Author:がじがじ
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
月別アーカイブ
なにか。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。